そもそも「生き方」の著者・稲盛和夫とはどんな人? 

「生き方」の著者・稲盛和夫とは? 日本人のビジネスマン指南書と呼ばれている、 稲盛和夫さんの「生き方」ですが、どのような道を進んできたのでしょうか? 1932年 鹿児島市に生まれる。 1955年 鹿児島大学工学部を卒業後、京都の碍子メーカーである松風工業に就職。 1959年4月 知人から出資を得て、資本金300万円で京都セラミック株式会社(現・京セラ)を設立し、社長、…

続きを読む

懸命に一筋の道を究める

職人という言葉は結構日本人なら好きですよね。 仕事であれ、なんであれ、継続してある道を究めると たどりついた心の高みや人格の奥深さに、 何かすごみさえ感じる事はありませんか。 身近な例だと、野球でいうイチローだとか、サッカーですと中田とかですかね。 私が感じている2人の共通点は準備をおろそかにしないという事ですかね。 何か目標にむかってそこに到達するために…

続きを読む

人間がほんとうに心からの喜びを得られるとは?

這い上がろうと、もがいている方、 今の現状を打開しようとしている方、 今の状態が収入面、精神面も充実している方。 いろんな状態の方がいらっしゃいますよね。 心からの喜びってなかなかいったいどういうものなんですかね。。。 稲盛さんは仕事の中にこそあると思われています。 仕事一筋では味気ない・・そういう人が大半でしょうね。 わたしもそう思っていました。 …

続きを読む